愛知県豊田市の不動産の事ならエルミオーレ不動産

有限会社エルミオーレ

営業時間9:00~18:00

定休日火曜日

評価の下がる売却が困難な不動産(その他状況編)

【目次】
①線路沿い
②敷地内に墓地がある
③高圧線下
④条件が厳しい地域に該当する
⑤事件・事故が起きた場所
⑥交通量の多い道路沿い

①線路沿い

線路沿いとは、その名の通りすぐ隣に線路があることをいいます。

このような立地の不動産では、電車の通過する音などが購入者として不安要素となります。

特に、特急電車など速い速度で通過する線路沿いや夜間に貨物列車が通過する線路沿いは大きく減点ポイントとなります。

②敷地内に墓地がある

敷地内に墓地があるとは、その他の通り敷地内にお墓があることをいいます。

歴史的な街や田舎の地域にはよく見かけますが、いざご売却する際には購入者として不安要素が大きいです。

お墓を移設してお祓いすることにより、不安要素は軽減されますが、評価としては減点ポイントとなります。

③高圧線下

高圧線下とは、高圧線の電線下に位置する不動産のことをいいます。

高圧線とは6600ボルトの高圧電流が流れており、電気事業者は線下の不動産所有者と地役権や賃借権を設定して安全確保を図るなど、厳しい安全基準が設けられています。

尚、高圧線下にある不動産は、嫌悪感や危機意識があることから、減点ポイントとなります。

④条件が厳しい地域に該当する

条件が厳しい地域とは、各自治体によりまちづくりのルールが設けられ、容積率や建蔽率、最低土地面積が定められている地域で建物を建築する際に様々な制限をクリアしなければならない地域のことをいいます。

大前提としては、街並みを綺麗に保ち、住民の方が快適に過ごせるように定められておりますが、街全体の高齢化が進む中、多種多様な生活スタイルになっている現代ではそぐわないこともあり、そのような場合は減点ポイントとなります。

⑤事件・事故が起きた場所

不動産における事件・事故とは、その場所で殺人・自殺・孤独死等、不幸にも人が亡くなられた事をいいます。

不動産をご売却する際は『告知義務』があり、必ず購入者にお伝えする必要があります。

このような不動産の場合は大きな減点ポイントとなります。

⑥交通量の多い道路沿い

交通量の多い道路沿いとは、国道や県道、市道など、1日の交通量が比較的多いところをいいます。

このような不動産の場合、自動車の出し入れに時間がかかったり、片側通行で宅内に駐車するのに手間がかかったりと、生活する上での不便さが懸念されるため、減点ポイントとなります。