愛知県豊田市の不動産の事ならエルミオーレ不動産

有限会社エルミオーレ

営業時間9:00~18:00

定休日火曜日

【不動産売却の流れ】

 

①【ご相談・ヒヤリング】

 
相続や住み替えなど、ご所有の不動産を売却する理由は様々です。
まずは、お客様が抱えているお悩みや売却の時期などを伺いします。
また、ご要望がございましたら気兼ねなくお話しください。
 

②【不動産価格の査定】

 
ご相談・ヒヤリングが終わりましたら不動産価格の査定を行います。
不動産価格の査定には2つの方法があります。
1つ目は『机上査定』
お客様が所有されている不動産の所在地をお教えいただき、書類調査や役所調査を行い不動産価格を算出する方法です。
参考価格となりますので、「まずはざっくりとした金額を知りたい」という方にはオススメの査定方法です。
2つ目は『訪問査定』
お客様が所有されている不動産を実際に見て、不動産価格を算出する方法です。
「本格的に不動産を売却したい」という方にオススメの査定方法です。
査定訪問では、水平器や懐中電灯、スケールなどの道具を使い、建物の不具合や雨漏り・土地の境界・高低差などを確認し、売出価格を決めることを前提に不動産価格を算出します。
※必ず査定価格で売れるということではありませんので、予めご了承ください。
 

③【売出し前打合せ・媒介契約】

 
不動産価格の査定が終わり、本格的に売却を進めることを決意しましたら、売出価格・取引条件を決めていきます。
売出価格ではお客様のご状況に応じて柔軟にお決めいただけます。
大きく分けると3つのコースに分けられることが多いです。
①『チャレンジ価格』
売り急いでいないため、なるべく高値で売却をしたい場合
②『相場価格』
3~6ヶ月以内に売却をしたい場合
③『早期売却価格』
1~3ヶ月以内に売却をしたい場合
取引条件ではご所有の不動産の状況に応じてお決めいただけます。
①『解体更地渡し』
建物の老朽化が著しく、更地の方がスムーズに売却できる場合
②『確定測量渡し』
境界杭などが無く、隣地との境界が不明な場合。また、越境物などがある場合
③『契約不適合責任の有無』
しばらく空き家の状態が続き、建物の不具合が全くわからない場合
④『ホームインスペクション』
専門家による建物調査を行い、建物の傾き・シロアリ被害・雨漏り等細かなチェックを依頼する場合
上記の内容が決まりましたら『媒介契約』を結びます。
媒介契約には3つの種類があります。
①『一般媒介契約』
複数業社に不動産売却の依頼をすることができます。
②『専任媒介契約』
1社に業者を絞り、不動産売却を依頼します。
③『専属専任媒介契約』
1社に業者を絞り、ほぼ丸投げの形で不動産売却を依頼します。
それぞれにメリット・デメリットがございますので、詳細はお気軽にお問合せください。
 

④【不動産売却活動の開始】

 
媒介契約を終えましたら、早速不動産の売却活動が開始されます。
主にインターネットやチラシなどで広告を出させていただきます。
特に、今はインターネットでの広告が主流となっており、写真の撮り方によってお問合せの数が大きく変わると言っても過言ではありません。
当社では物件写真の撮り方に独自のノウハウを持っておりますので、ご所有の不動産の魅力を最大限お引出しいたします。
【参考事例】

⑤【買付・購入希望者との交渉】

 
購入希望者から不動産の購入申込(買付)が入りましたら、売却条件の交渉を行います。
売却価格は最も重要ですが、そのほかの条件(残置物の処理、引渡し時期等)を一つ一つ確認して、交渉を進めていきます。
  

⑥【売買契約を結ぶ】

 
購入希望者との売買条件がまとまり、お互いに合意しましたら不動産の売買契約を結びます。
この際、売買代金の一部を手付金として買主より受け取ります。
 

⑦【引渡し準備】

 
売買契約が終わりましたら、引渡しの準備を行います。
取引条件によって建物の解体や確定測量、家財の撤去などを進めていきます。
業者様との打ち合わせ次第では、これらの費用を引渡し日に一括でお支払いするこちができますので、費用に関するご相談も気兼ねなくお申し付けください。

⑧【引渡し(決済)】

 
引渡しの準備が整いましたら、売買代金の残金を受け取り、登記手続き(抵当権抹消、所有権の移転など)を行います。

⑨【確定申告】

 
不動産を売却した翌年の2月中旬~3月中旬にお住いの地域の税務署にて確定申告を行います。